健康 運動 食事 身体 栄養

健康を保つ

何より大切な健康を保つための様々な情報満載のサイト
スポンサードリンク

コラム第3回 正しい運動の方法
あなたは定期的に運動をされていますか?
週に1回20〜30分でもいいですから運動をしてください。
運動をすることで身体に色々といいことがあります。
夜、よく眠れるようにもなります。
ただその運動をするにも正しい知識をもってすることが大切です。

まず第1に、食事の後は絶対に運動しないということが重要です。
食事をして胃に物が入ってくると胃は胃液を出しはじめ
さらに消化をするために胃に血液が集まってきます。
ですがここで運動をしてしまうと、筋肉などを動かすのに血液が取られます。
すると胃では血液が足らないので消化ができず、胃液は残ったままになります。
これは胃もたれやムカツキの原因となります。
また食べてすぐに運動すると横腹が痛くなるのは、胃が「血液をくれ」というのを
身体や脳に痛みを通して伝えているからなんです。

次に準備運動を必ず行うことが大切です。
準備運動はしすぎてもしすぎることはありません。
屈伸、シンキャク、アキレス腱、うでまわし・・・・・を必ず行いましょう。
またそれぞれの運動は激しくするのではなく、ゆっくりじわりじわりとしましょう。
例えばアキレス腱なら、息を吐きながらゆっくりと体重を前にかけていき
痛くなる前にストップして、息を吐きながらそのまま2〜3秒とまります。
もちろんこれは個人によって違いますが、重要なのはゆっくり行うということです。

3つ目に絶対に無理をしないということです。
無理は一番よくありません。身体にも悪いですし、何より楽しくありません。
例えば今までほとんど運動をしていなかった人が
いきなり10キロも走るのは無理するということです。
ウォーキングももちろん同じです。
最初は2〜3キロ、いえ1キロでもいいんです。
とにかく運動を習慣付けることが大切です。

例えば自分がウォーキングしていると他にもしている人がいるでしょう。
そのなかには本格的にしている人も見かけるかもしれません。
ですが人は人。自分は自分です。
人が何キロも何時間も歩いているからといって、あなたはそうする必要はありません。
無理が一番だめです。

そして最後に楽しんで行ってください。
楽しくなければ長続きしませんし、やるのが苦痛になります。
ポータブルプレイヤーを買って音楽をききながらでもいいです。
毎日キレイ(カッコイイ)なお姉さん(お兄さん)がいたらその人と同じ時間にやってもいいです(笑)。
ただし食べた後はだめですが。

とにかく楽しんで行ってください。
楽しんで運動すればストレスもより取れるでしょうし
あなたの健康に必ずいい影響を与えてくれるはずです。
スポンサードリンク

健康を保つ >> コラム第3回 正しい運動の方法
Copyright © Hiroto.A 健康を保つ.com All Rights Reserved