健康 運動 食事 身体 栄養

健康を保つ

何より大切な健康を保つための様々な情報満載のサイト
スポンサードリンク

コラム第6回 雨について
あなたもご存知だろうと思いますが、今の雨は酸性です。
俗に言う酸性雨ですが、例え酸性でなくても汚い水が降ってきています。
頭皮や肌からいえばこれは毒です。今回はこの毒について考えます。

まず酸性雨というのは、降り始めのほうがもっとも酸性が強いです。
なのでもし出かけ先で傘を忘れたときに雨が降り始めたら
急いでいないのなら、少し(5分ほど)待つのが得策です。
そしてこのような頭皮や肌のダメージはこれまでのコラムでも書いたとおり
長年の蓄積によって、だんだんと悪影響を及ぼします。
ですから普段からとにかく雨を浴びないということを心がけましょう。
そして少ししか降っていないからといって油断してもいけません。
ちょっとでも降っていたら傘をさしましょう。
その傘をさすというたった一つの行為だけで、あなたの健康が守られます。

酸性雨といえば環境への問題だけがクローズアップされがちですが
やはりまずは、あなたの身体への悪影響を知ることが大切だと思い
今回のコラムにしました。
ただ、もちろん環境への影響=めぐりめぐって人間の健康への影響
ということも確かです。
森林がなくなれば人間は健康を損なうどころか生きていけませんし
湖などが酸性になって、魚が死んでしまえば食卓から魚が消えます。

では酸性雨に関して私たちができることにはどんなことがあるでしょうか。
まず、大きな原因の一つである、車の排気ガスを減らすということができます。
近くへの移動は徒歩や自転車を使う、エンジンをかけっぱなしにしない
など、少しの心がけでできることはたくさんあります。
また火力発電所なども原因を作っています。
なら、電気を節約することで地球環境に貢献できます。
電気を節約するといっても難しいことではなく
クーラーの設定温度を1度でいいから上げる(下げる?日本語の問題ですが)、
ストーブよりコタツを使う、テレビをだらだら見ない
冷蔵庫を何度も開けない、ネットサーフィンをしない
など簡単なことです。
あなた一人がこれをしただけならあまり変わらないかもしれませんが
日本人全員がこれらのことを心がければ発電所1個分くらいの電気は
節約できるはずです。

なんだか雨の話からどんどん話が広がってしまいましたが(私の癖です)
地球の健康を守ることがあなたの健康を守ることにもつながるはずです。
ここまで読んでくださりありがとうございました。
スポンサードリンク

健康を保つ >> コラム第6回 雨について
Copyright © Hiroto.A 健康を保つ.com All Rights Reserved